節約の仕方にご注意を! ~隠岐育ち松江市在住FPの豆知識~

皆さん、節約と聞いたらどのようなことを思い浮かべますか?

 

・毎月家計の収支を確認し、今月も貯蓄ができず支出の中から削れるものを一生懸命さがす。

・または、毎月の給料は入ってきたほど使ってしまい、お金が無くなりそうになって、あわてて節約を考える。

 

こうゆう経験のある方は多いのではないでしょうか。

私も経験があるので、よくわかります。前者も後者も 。

 

一般的に家計の改善をアドバイスするファイナンシャルプランナーさんは、この節約をしっかりと行います。

 

でも節約って辛いですよね。どんどん気持ちが暗く重くなってきます。

 

これは一般的に考えられている節約で、私たちは「後手の節約」と呼んでます。

 

私たちが考える節約は「先手の節約」といって、ライフプランと毎年の予算を立てることによって、「お金」と「時間」と「使い道」を考えて、欲しいものを必要な時に買うというものです。

 

それぞれどのようなものか、以下の流れで見てみましょう

 

後手の節約

 

予算を組まない

   ↓

欲しいと思った時に買う

   ↓

お金がなくなる

   ↓

欲しいものを我慢する

 

という、モノを中心とした考え方です。

 

c00e1f03594dd01c04f9c8114361ffad_m.jpg

 

先手の節約

 

予算を組む

   ↓

欲しいものを必要な時に買う

   ↓

決算して、また予算を組む

   ↓

欲しいものを必要な時に買う

 

という、時間を中心とした考え方です。

 

「後手の節約」は辛い気持ちが長く続きますが、「先手の節約」は、ご家族が楽しく過ごせるお金の使い方が身について、笑顔で暮らせるのではないでしょうか?

 

節約とは、決して我慢の繰り返しということではないのです。

ライフプランと予算を立てて、楽しく生きることは大切ですね!

 

ご家庭の家計の状況を把握するのに、まずは家計ドックから始めてみてはいかがでしょうか?

 

家計ドックについてはこちら(ページ中ほどの「お試し家計相談」をご覧ください)