家計簿より貯金箱 ~隠岐育ち松江市在住FPの豆知識~

前回はお金の配置についてお話しました。

 

・すぐに使うお金はまな板(生活費として手元に置いておくお金)

 

・貯めるお金は冷蔵庫(数年以内に使う目的のお金)

 

・増やすお金は冷凍庫(当面は使わない未来の社会や自分に向けて育てるお金)

 

 

家計簿をつけている方もいらっしゃるかと思いますが、つけてもお金が貯まらないという話を聴くことがあります。

 

家計簿にはこのお金の配置が入ってないことが貯まらない原因ではないでしょうか。

 

 

家計簿は収入と支出を把握するもので、過去を振り返るのに使います。

 

 

お金の配置とは言い換えれば 貯金箱 です。

 

貯金箱はこれから先の資産づくりのため、将来を見ていきます。

 

b91ef05ec3dedcac115f3af073e4e926_s.jpg

 

 

・家計簿とは家計の損益計算書

 家計の収入と支出を把握するもの

 

・貯金箱とは家計の貸借対照表

 負債と資産を把握するもの

 

当事務所では、この貯金箱づくりとその配置をライフプラン作成とともに行っていきます。

 

お客様が貯金箱づくりと配置(貸借対照表)に慣れると、お金の管理は時間の管理だと理解できるようになります。

 

この理解がとっても大事!

 

 

 

家計簿をつけて収入と支出を把握しても、そんなに無駄遣いしているわけでもないのに、家計が厳しいというご家庭は少なくないと思います。

 

それはそうです。今と昔では社会保険や税金などの国民負担率が大きく違うのですから!

 

 

収入と支出ばかりで考えていたら、いつまでたってもゆとりは手に入れられないかもしれません。

 

家計簿より貯金箱 という考え方を身につけて、豊かさとゆとりをつくっていきたいですね!

 

もっと知りたいと思われたら“お試し相談(無料)”で考え方をお伝えしますので、有効に活用してくださいね。

 

 

お試し相談のご予約はこちら