専門家に頼もう! ~隠岐育ち松江市在住FPの豆知識~

最近の出来事を紹介します。

 

出来事その①

 

我が家は、和室の壁をクロスから漆喰へと塗り替える作業を行っています。

 

17年前にシックハウス症候群になってしまい、一時期良くなっていたのですが、家(和室)で仕事をするようになってから再び具合が悪くなりました。

 

漆喰はスペインのモルセムダーというもので、お医者さんが紹介してくれた本に載っていたので、試しに使ってみることにしました。

 

嫌な臭いもなく良い感じに仕上がっています。

 

これからの体調が回復するのか楽しみです。

 

出来事その②

 

仕事の関係で事務所を借りることになったのですが、その事務所には郵便受けがなく、大家さんにお願いするも勝手につけてくださいとのこと。

 

郵便受けはホームセンターに買いに行けば済む話なのですが、コンクリートの壁にどうやって取り付けるんだ!

 

手先は器用ではないので、どうやって取り付けるのか工務店さんに相談しました。

 

私だったら何時間かかるかわからない作業に、すぐにできますよとの返事でしたので、取り付けをお願いすることにしました。

 

da64b8fbf441caff44b9f2a18cc878f9_s.jpg

 

この2つのことに共通していることは、専門家にお願いしていることです。

 

壁塗りはやろうと思えば不器用な自分でも出来たかもしれませんが、まず仕上がりは悪いでしょう。自分で塗るとムラが多く手塗り感が出てしまいます。

 

洋室ならそれでも良いでしょうが、さすがに和室には合いませんよね!

 

きれいに塗るには、やはり専門家にお願いすることです。

 

 

そして郵便受けは専門家に頼むことで、ぐらつかずに取り付けることが出来ましたし、なにより時間が省けました。

 

このように私たちの暮らしでは、困ったときには専門家にお願いしていますよね!

 

 

ではお金に関してはどうでしょうか?

 

一般的に雑誌やネットの情報などでお金を掛けず、我が家の家計を改善しようと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

それでゆとりが手に入れば良いでしょうが、残念ながら難しいと思います。

 

雑誌やネットで情報を得ている方は・・・

 

・iDeCoは利用した方がお得

・保険はこっちのほうがお得

・ふるさと納税すれば節税になる

・住宅ローンは繰り上げ返済した方が利息が軽減されてお得

 

このように考えていませんか?

 

一般論で考えるとどうしてもこうなっちゃいます。

私もマネーバランスの考え方を学ぶまでは同じように考えていましたから。

 

でもこれは目先の損得ばかり考えていて、将来の損益を考えていないことになります。

 

将来の損益とは、自分らしく活きるために将来どれだけ資産(貯蓄)を残すことが出来るかということです。

 

ですから一般論で考えるのではなく、将来我が家がどうありたいか、自分らしくどう活きるかを考えてプランを立て行動することで、自分らしい将来のゆとりが手に入るのではないかと考えています。

 

分かったつもりになって自分だけで行動するのではなく、少しでも不安なことがあれば、FPというお金の専門家を活用することをおすすめします。

 

皆さまの良き伴走車となれるよう、相談に来られる皆さまを応援します!