主人公は誰ですか? ~隠岐育ち松江市在住FPの豆知識~

ファイナンシャルプランナーへの相談には、有料と無料のところがあります。

 

有料は当事務所のような年会費制や1時間当たりいくらといった相談料を支払って相談するところですね。

 

では無料のところはどのようなところをイメージされますか?

 

銀行・保険代理店・証券会社など思い浮かぶのではないでしょうか。さらにはハウスメーカーや工務店などでもファイナンシャルプランナー(以下 FP)の資格を持った方が無料で相談にのってくれます。

 

最近ではFPと名乗って、無料で相談に応じ保険や投資信託などを販売するところも増えてきています。

(金融商品を販売する方で、金融の会社に所属する方は相談料をもらうことが禁止されています)

 

無料だと生活者にはありがたい話ですが、ではこの方たちはどこで利益を得ているのでしょう。

 

金融商品を販売している方は販売手数料、家を売っている方は建築費用といった具合に商品を購入したお客様が支払っています。

 

商売をする上では売上・収益を上げないといけませんので、お客様から買っていただくのは当然のことです。

 

ですが問題なのは、お客様(生活者)のためになっているのかということです。

 

大切なのは皆さんの活き方(活き活きと暮らすという意味です)というライフプラン(人生設計)です。

 

ライフプランを実現するために資金計画を立てたものが生活設計といいます。

 

ライフプランを実現するという目的のために、必要な金融商品などを利用することが手段です。

 

目的が決まっていない生活者に、手段をおすすめする販売側、そして購入する生活者。

 

これで将来の不安は解消するでしょうか?しないですよね!

 

cab5756544b2f5e32b4c0074980038d7_s.jpg

 

最近では無料でライフプランを作成してくれるところが増えてきました。

 

無料のライフプランの問題は後から出てきます。

こんなことありませんか?

【保険に加入する際に作ってもらった】

・夢や希望をたくさん聞かれた

・貯蓄型の保険をすすめられた

・保障額や保険料が高いようでなんとなく不安

・ライフプランを1度も見返していない

【家を建てる際に作ってもらった】

・今後の収入が右肩上がりのプランになっている

・支出が少なめのプランになっている

・万が一のプランがたてられていない

・プランを作ってもらったのに生活が苦しい

 

結局のところ、販売側が商品を売るためのサービスとして無料で作っていますので、このようなことが起こってしまいます。

 

保険に入りすぎて将来の生活が苦しくなってしまう人、住宅ローンを払えなくなってしまって家を売ってしまう人。

 

販売側がお客様のことを考えていればこのようなことは起こらなかったでしょう。

 

ですので、主人公は販売会社(売り手側)ではなく生活者でなくてはお役に立ったとは言えないと考えます。

 

三方よし(売り手よし、書いてよし、世間よし)で知られる近江商人の心得として次のような言葉があります。

 

・無理に売るな、客の好むものを売るな、客のためになるものを売れ

 

生活者が将来お金に困らないよう生活できるように、私たちのような相談料をいただくFPはお客様に寄り添って不安を解消いたします。

 

 

以下の項目に該当する方は一度相談されることをおすすめします ※ライフプラン上問題ない方もいらっしゃいます

・収入はそこそこあるが貯蓄が少ない(特に40代は待ったなしです)

・貯蓄は定期預金や財形・保険を利用している

・医療保険だけでも月に5000円以上払っている

・ドル建て終身保険や変額保険に加入している

・個人年金や終身保険に加入している

・家を建てようと思っている